30才企業エンジニアが人生を見つめなおすために始めるブログ

アラウェブ

レジャー・余暇

【映画】億男(ネタバレ注意)感想

投稿日:

こんにちは!アラです。

今日は映画をみたので感想を記事にしていきたいと思います。

本日見た映画は億男です。

あらすじ

弟の借金の肩代わりをしたことで、妻とは別居し家族がバラバラになってしまった一男は、借金返済のために昼は図書館司書、夜はパン工場で掛け持ちで働いている。ある日、一男は3億円の宝くじが当選し億万長者となり、借金返済に夢膨らますが、ネットを覗くと大金を手にした人の悲劇ばかりが目につく。不安に駆られた一男は、大富豪となった学生時代の友人、九十九のもとを訪ねる。15年ぶりの親友との再会に一男はすっかり酒に酔ってしまう。しかし、酔いつぶれた一男が目を覚ますと九十九は3億円とともに姿を消していた。一男は九十九の行方を追いながら、大金をめぐり家族や友情のあり方を探していく。wikipediaより

感想としては、正直本当につまらなかったです。
見て失敗しました。
正直みてた時間がもったいないと思いました。
最近みた映画の中では、一番の駄作ですね。

以下つまらない理由を列挙していきたいと思います。

なぜつまらないのか

・主人公に魅力が乏しい。
主人公である。佐藤健は魅力のあるとても良い俳優さんだと思います。
しかしながら主人公に魅力がなさすぎます。

図書館司書をしている主人公。借金を抱えてしまったせいか
とても地味でなんかやぼったいです。
奥さんからも捨てられてかなり残念な人です。

その主人公が三億円手に入れてどんどん変わっていくならばまだいいのですが
特になにか変わるわけでもなく、持ち逃げされた三億円を取り返すために
持ち逃げした友人の友人をひたすらたどるだけで特に大きな動きも
成長もなく魅力がないままです。
これではつまらないです。

・物語に動きがない。
さきほども少し書きましたが、基本的に
持ち逃げした友人の友人をたどるだけで物語自体も地味です。
また驚くような落ちもないです。むしろひどい落ちです。

・無駄に冗長なモロッコ旅行の回想
お金を持ち逃げした友人との
モロッコ旅行の回想シーンが入るのですが
とにかく冗長です。
おまけに何が言いたいシーンなのかよくわからない。
無駄に冗長なのでとにかく寝たくなりました。
尺を持たすために無駄に長くしたのかと思うほどでした。

・落ちがひどい
結論からいうと三億円はかえってきます。
主人公が電車に乗っていると、
いきなり持ち逃げした友人が電車に乗ってきて
ぽんと三億円をとなりに置きます。

そう、億男=置く男 です。

本当にひどい落ちです。
おまけになんで持ち逃げしたのか
いまいち理由がよくわかりませんでした。

試した的な事をいってたような気がしたのですが
よくわかりませんでした。

深い事を言おうとしていて
わけわからんことをいっている感じです。

 

良いところを挙げてみる

あまりに酷評ばかりだとよくないので
良いところも挙げてみようと思います。

・豪華な出演者陣
出演者は豪華です。

佐藤健
高橋一生
北村一樹
藤原竜也
池田エライザ
沢尻エリカ

すごい豪華な出演陣です。
それだけに惜しいですね…

・藤原竜也の演技がすごい
藤原ワールドがさく裂しています。

お金を持ち逃げした友人の友人役の
怪しいセミナーを主催する人を藤原竜也が
演じているのですが、それが
なんとなく与沢翼っぽい胡散臭い感じがよくでてて
とてもよかったです。ファン必見ですね。

・物語の導出部はちょっとわくわくした
いきなり派手なパーティのシーンから
物語が展開していくので
最初だけは少しわくわくしました。
最初の5分だけですかね…

無理やり褒めるとするとそれくらいですかね。

気になる方は是非みてくださいね!

#映画 #ネタバレ #億男 #置く男

araweb2




araweb2




-レジャー・余暇

Copyright© アラウェブ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.