30才企業エンジニアが人生を見つめなおすために始めるブログ

アラウェブ

ライフハック

横浜・宇都宮間の快適な移動方法について考えてみた

投稿日:

こんにちは、アラです。

私は、横浜宇都宮間をよく移動することがあります。

どのように移動するのが、合理的かを自分なりに考えてみました。

 

 

■自動車はどうか

自動車で行く場合は、
宇都宮上三川ICから東北道にでて、首都高速を経由したあと、第三京浜にて横浜まで行くルートが考えられます。

その場合は、4350円 距離にして約160km時間にして、2時間と表示されていますが、東京を突っ切らなければならないことを
考えると、3~4時間ほど見ておいた方がよいかと思います。

また運転中は何もできないという事を考えると個人的にはおすすめしません。

複数人でもしくは家族で移動するという方には、こちらの方法が合理的かもしれません。

 

 

 

■高速バスはどうか

残念ながら宇都宮~横浜間の高速バスは存在しません。
(羽田空港だけはあります。)

 

 

 

■鉄道はどうか

個人的にはやはり鉄道がおすすめです。

新幹線を使用した場合は、

①宇都宮~東京 まで新幹線 東京~横浜を在来線
②宇都宮~大宮 まで新幹線 大宮~横浜を在来線の2パターンが考えられます。

①の場合は、4740円 1時間30分
②の場合は、4110円 1時間47分 です。

最速で行くならば、①の方法ですが、少しコストがかかりすぎな気がします。
②の方法で行けば時間は少し長くなりますが、600円ほど安く行けます。

また金券ショップで回数券を購入すれば、
宇都宮~大宮間を2500円ほどで行くことが可能になります。

こちらの方法も中々いいですね!

 

 

 

■在来線+グリーン車が最高!

しかしながら管理人がおすすめしたいのは、
在来線+グリーン車という技です。

先ほどの新幹線はどちらの乗り方でも、乗り換えの時間が発生してしまいます。

またどちらも上野東京ラインに乗り換えなければならず、運が悪ければ20分ほど
ロスしてしまうことも考えられます。

それならば、いっその事最初から上野東京ラインに乗ってしまう事が合理的ではないかと管理人は考えます。

宇都宮~横浜 2268円で2時間15~25分ほどで到着します。
今までの方法と比べると一番バランスがとれていると思います。

しかしながら在来線の直角に近いシートに2時間以上座っていると
お尻が痛くなってきます。

そこでグリーン車です。
グリーン車は曜日と距離によって価格が変わりますが、最大1000円ほどプラスすれば、
新幹線のような倒せるシートで快適に過ごすことができます。

本を読んでもよし、スマホいじってもよし、寝てもよし!

管理人は最近これが最適解ではないかと思い、気に入っています。

皆さんも良ければこの方法がおすすめです。

是非試してみてくださいね!

araweb2




araweb2




-ライフハック

Copyright© アラウェブ , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.